オム・テグ

オム・テグの過去ドラマの4選まとめ!約束の地がオススメな理由!

オム・テグのプロフィール
スポンサーリンク

独特な役柄で見る人を魅了する演技力で話題のオム・テグ。

主に映画俳優として活動していますが、近年はドラマにも出演しています。

ドラマでも面白く見ごたえのある役柄を演じています。

今回は、オム・テグが出演するドラマをご紹介します。

スポンサーリンク

オム・テグのプロフィール

プロフィール

プロフィール内容

・名前 オム・テグ(엄태구)

・生年月日 1983年11月9日

・血液型 B型

・身長 181cm

・体重 70kg

・出身地 大韓民国

・家族構成 両親と映画監督の兄オム・テファ

・出身校  空軍航空科学高校(中退)

建国大学映画学科

・代表作 『密偵』『隠された時間』『案市城グレート・バトル』『楽園の夜』

俳優の道へ進むきっかけとなったのは、映画監督の兄オム・テファの影響もあるそうです。

2007年公開の映画『奇談』で俳優デビュー後、多くの作品に出演していますが、端役や助演がほとんどでした。

彼が多くの人に注目されたのは、2016年の映画『密偵』です。

密偵を監視する警務官役で狂気的な演技がすごいと注目されました。

日本警務官「橋本」役で圧巻の演技

そして、映画だけでなくドラマにも出演する機会が増えました。

やはり、サスペンスや犯罪系などのドラマが多いようです。

さらに過去に出演した映画では、ボクサーやコメディな役も演じています。

いろんな顔を見せてくれるエンターテイナーです。

オム・テグ出演の過去のドラマ4選

過去に出演したドラマを4つご紹介します。

KBSドラマスペシャル『完璧なスパイ』(2011年)

KBSドラマスペシャル枠は単発ドラマがほとんどですが、このドラマは全4話の連続ドラマとして放送されました。

北朝鮮で活動している諜報員の名簿をめぐり、各国情報部の激しい情報戦を描いたドラマです。

オム・テグは中国諜報支部長という役柄で、オム・テグ役と本人の名前で出演しています。

『感激時代 ~闘神の誕生~』(2014年)

1930年代の朝鮮半島、中国との国境にある新義州から上海を舞台とする、ロマンチックノワールドラマです。

オム・テグは闇社会の火熊組の構成員、ドッグ役で出演しています。

主演を務めたキム・ヒョンジュンが演じるジョンテが敵対する組織からの指示で、ジョンテを陥れるがどこか憎めないような悪役を演じ、圧倒的存在を見せつけました。

同じ人と思えないほどの演技力で話題に

『イニョプの道』(2014年~2015年)

(原題:メイドたち)

15世紀初頭、朝鮮王朝第3代太宗の時代を舞台にしたロマンス時代劇。

主人公イニョプが両班から奴婢の身分に転落してしまい、何もかもを失いました。

イニョプが人生を取り戻すため様々な困難に立ち向かう姿と、恋愛模様を描いたドラマです。

オム・テグは秘密地下組織マンウォル党の中核で重要人物であるチボク役を演じています。

イニョプを拉致しひやりとするような口調で尋問したり、武術の実力を表すなど緊張感あふれるシーンなどで冷徹な悪役を見事に演じ、新・スティラーとして活躍しました。

『約束の地-SAVE ME-』(2019年)

(原題:SAVE ME2)

2017年に放送されたインチキ宗教団体からヒロインを救い出すサスペンスドラマ『君を守りたい~SAVE ME~』の第2弾です。

窮地の村を救った謎の宗教団体の正体を暴く村のトラブルメーカー、主人公のキム・ミンチョル役を演じています。

約束の地SAVE ME-がオススメな理由!

先ほど最後に紹介した『約束の地』

この作品のオススメポイントをご紹介します。

オム・テグ初主演ドラマ

映画では以前から主演作品が多くありますが、実はテレビドラマではこの『約束の地』が初主演です。

ドラマや映画で、助演ながらも強烈な印象を残してきたオム・テグの演技が主役として全16話見られます。

人気映画監督のタッグで映画クオリティな作品

この作品は、人気女優コン・ヒョジン主演の本格スリラー映画『ドアロック』のイ・グォン監督と日本でも話題になった韓国大ヒット映画『新感染-ファイナル・エクスプレス-』のヨン・サンホ監督がタッグを組んで制作したドラマです。

まさに映画のようなハイクオリティな作品で話題になっています。

”偽りの救済”と”絶望させる真実”の対立を描く複雑なストーリー

ダム建設のため水没予定地となった村の立ち退き補償金目当てでやってきた詐欺教団が、住民の悩みを次々と解決していきます。

それにより信仰に身をゆだねた住民たちと、教団を怪しみ真実を暴いていく刑務所帰りの村人キム・ミンチョル。

どちらが救済者でどちらが悪魔か。現代の闇を浮き彫りさせた本格サスペンスです。

主人公キム・ミンチョルの役柄

“オム・テグといえば悪役”というくらい印象に残る悪役を多々演じてきましたが、今回は村のトラブルメーカーながらも、村を守るために奮闘する役です。

ジャージ姿で時折クズ男っぷりを見せたり、笑顔も見られます。

妹との関係や詐欺教団との対決などで喜怒哀楽全てが詰まった役が見どころです。

SNSでも『約束の地』が話題になっています。

まとめ

オム・テグ出演のオススメドラマをご紹介しました。

悪役のイメージが強いオム・テグですが、『約束の地』ではまた違ったオム・テグが見られます。

いろんな役を見事に演じるオム・テグはどの作品を見ても、作品毎にどんな演技をするのかワクワクします。

そして、今後のドラマ出演も決定しています。

2021年下半期放送予定のドラマ『ホームタウン』で主役を務めます。

日本でガステロを起こしたテロリスト、ジョ・ギョンホ役を演じます。

映画だけでなくドラマでも主演を務めるほど、今韓国では注目されている俳優の一人です。

これからどのような役柄を演じるのか。今までみたことのないような役柄や演技ももっと見てみたいですね。

オム・テグのプロフィール
【楽園の夜】オム・テグの演技が話題に!プロフィールと出演映画を紹介!韓国で2020年4月に公開された映画『楽園の夜』が、4月9日にNetflixが全世界190カ国で公開することが決まりました。 この...
スポンサーリンク