パク ジフ

パク・ジフのwikiプロフィールまとめ!演技がすごいと話題に!

パク・ジフのwikiプロフィール
スポンサーリンク

出演した映画が大好評の韓国の女優パク・ジフさん。

演技に定評があり、いま注目の俳優です。

そんなパク・ジフさんのwikiプロフィールと、その演技のすごさをまとめてみましたのでぜひご覧ください!

スポンサーリンク

パク・ジフのwikiプロフィール

パクジフ
プロフィール

名前:パク・ジフ
生年月日:2003年11月7日
血液型:O型
身長:160cm
出身地:韓国大邱市
星座:さそり座

パク・ジフさんは小学5年生の時に路上でスカウトされて芸能界デビューしました。

その頃はアナウンサーになりたかったそうです。

スカウトされるくらいですから、子供の頃から相当可愛かったようですね。

 

パクジフさんは2016年に『隠された時間』で映画デビュー。

その後も『操作された都市』(2017年)や『目撃者』(2018年)に脇役として出演しましたが、注目される事はありませんでした

 

そんなパクジフさんが大注目される事になった作品が2018年の映画『はちどり』です。

長編映画で初の主演作となった『はちどり』は世界各国で絶賛され、なんと45個以上の賞を獲得したらしいです!

45個の賞なんて、ちょっと想像もつかないくらいのすごい事ですよね。

 

『はちどり』で人気に火がついたパクジフさんは、SNSでもその美少女ぶりが話題になりました。

パクジフSNS

とてつもなく美人ですね!

はちどりの頃よりもあどけなさが無くなって綺麗になったように見えます。

 

2022年にはネットフリックスのドラマ『今、私たちの学校は』で主演を務めるなどメディアへの出演がグンと増えました。

また、パクジフさんはイ・ビョンホンさんが設立・所属しているBHエンターテインメントという事務所に所属しています。

この事務所にはハン・ヒョンジュさんやキム・ゴウンさんなど多数の大物俳優が所属していて、演技指導に力を入れているそうです。

所属俳優が多数のヒットドラマに出演しているので、パクジフさんもこれからますます活躍する事になりそうですね。

スポンサーリンク

【画像】今、私たちの学校はではどんな役?

パク・ジフさんのドラマ初主演となったのが『今、私たちの学校は』です。

『今、私たちの学校は』はネットフリックスのドラマで、日本では2022年1月に放送が始まりました。

原作となっているのは大人気のWEB漫画です。

 

ドラマの中でパクジフさんはナム・オンジョという高校生の役を演じています。

オンジョ

ドラマのあらすじは、ナム・オンジョが通う高校でゾンビウィルスが広がり、取り残された学生達は生き残れるのか、というゾンビホラー

残された学生達にはそれぞれ特技や特徴があり、それを武器にゾンビに立ち向かいます。

正体不明のゾンビと戦いながらも、学生達の個性や助け合い、青春などもあり、高校生ならではのストーリーも見どころです。

パクジフ ドラマ

パクジフさん演じるナム・オンジョは高校2年生ですが、落ち着いて行動し大人っぽくもあります。

ナムオンジョの父親は消防官であり、その知識を活かして友人達を救っていきます。

ナムオンジョやその友人達はゾンビとどう戦い、生き残れるのか。

単なるゾンビとの戦いだけではなく、高校という若者だけの中でどのように助け合って生きていくのか見どころがたくさんあります。

また、このドラマはゾンビの動きもこれまでと違う要素を取り入れたそうで、そういったところも気になるところです!

スポンサーリンク

演技がすごいと話題の映画『はちどり』を紹介!

パクジフさんが一躍有名となったのが主演映画『はちどり』です。

『はちどり』はベルリン国際映画祭やトライベッカ映画祭で賞を獲得するなど、世界中で大ヒットとなりました。

 

パクジフさんは14歳の中学生ウニという役を演じています。

この映画は、実際に韓国で起きた1994年の聖水大橋崩落事故を題材にしています。

映画の舞台も1994年で、パクジフさんはまだ産まれていない時代の役を演じているのです。

 

パクジフさん演じるウニは、両親は仕事の忙しさから相手にされず、兄からはストレスから暴力を受けていました。

孤独な日々を送る中、新しく来た塾講師のヨンジだけはウニの味方をしてくれます。

徐々にヨンジに信頼を寄せていくウニ。

そんな中、聖水大橋崩落の事故が起きます。

それは姉がいつも乗るバスがその橋を通過する時刻と同じでした。

 

というのがはちどりの大まかなストーリーです。

ウニはその幼さや男性が優遇される時代背景から、どうしようもできない孤独を抱えていて、様々な感情に向き合っていくという難しい役です。

更にそこに大事故が起こり、ウニの環境が大きく変化します。

 

パクジフさんはウニという役を、みずみずしくリアルに演じていると評判です。

ウニの感情がどう動いていくのか、どのように成長していくのかがとても繊細に描かれています。

 

またこの映画は1994年という少し昔の韓国を見れるとも評判で、時代背景を知っておくとより楽しめるとも言われているようです。

そうゆう見方でも見てみるとより面白そうですね!

興味を持たれたらぜひ『はちどり』を見てみてくださいね。

まとめ

映画『はちどり』での主演で大注目となった女優パク・ジフさん。

『今、私たちの学校は』ではドラマ初主演を務めていて、こちらも大注目です。

これからますますドラマや映画への出演が増えると予想されるパクジフさん。

これからの活躍がますます楽しみです!

パクジフアイキャッチ
【若手女優】パク・ジフのおすすめドラマ3選!若草物語も紹介!今韓国で最も注目の若手女優パク・ジフさん。 そんなパクジフさんのおすすめドラマ3選をご紹介いたします。 パクジフさん出演の最...
スポンサーリンク