政治家

原田義昭前環境大臣は柔道耳?スポーツは何をやっていた?【画像】

スポンサーリンク

原田義昭前環境大臣は学歴詐称をはじめ、東京電力福島第一原子力発電所の処理水の放出に対する発言など、他様々な事で話題になっていました。

2020年4月9日にはマスクの高額販売あっせんでまた注目を浴びていますね。

そんな中、「原田義昭」と検索をすると「耳」と特徴的な関連のキーワードが出ていたので原田前環境大臣の耳についてどんなスポーツをやっていたのか柔道耳なのか画像と共に調べていこうと思います。

スポンサーリンク

原田義昭前環境大臣の耳が特徴的?【画像】

原田義昭前環境大臣の耳って凄く大きいですよね。

こんな感じで検索をされた関連のキーワードがありました。

原田義昭前環境大臣は柔道耳(餃子耳)?

分厚い感じが画面越しでも気づいてしまいます。

こういう特殊な耳は柔道耳や餃子耳と言われていますよね。

柔道耳(餃子耳)とは?

柔道耳とは正式には耳介血腫(じかいけっしゅ)と言うようです。

スポーツなどで繰り返し加わる圧迫刺激や摩擦刺激が原因と言われています。
耳の皮膚下、軟骨上に存在する軟骨膜の血管から出血する事で耳が膨らみます。
さらに耳の組織が線維化することで柔道耳になると考えられています。

耳が膨らんだ状態を放置すると、柔らかかった耳がやがてゴツゴツした耳に変化します。
予防するには、膨らんだ耳が柔らかい状態で血抜きをすることが重要です。これは耳に溜まった血液を排出することです。
引用:士道館

柔道以外でもラグビーやレスリング、相撲でもなるみたいです。

原田義昭前環境大臣はスポーツは何をやっていた?

それでは原田義昭前環境大臣はどんなスポーツをしていたのでしょうか。

結論から言いますと、やはり柔道をしていたようです。

小学校2年から柔道を始め、中学・高校・そして大学に入ってからも続けていたようです。

大学入学時、原田義昭前環境大臣は有段者(黒帯2段)で、体も大きく、東大の柔道なんてと軽くみていたようです。

しかし、いざ稽古が始まると高校と大学ではまるでレベルが違うことを思い知らされたようです。

また立ち技には自信があったようですが、自分よりも小さい選手に投げられ、寝技の技術を磨いていったというエピソードがありました。

柔道耳になるまでには長い年月と相当な量の練習が必要なようです。

原田義昭前環境大臣は柔道にどれだけ打ち込んでいたのかがわかりますね。

スポンサーリンク

ネットの人の反応は?

まとめ

今回は原田前環境大臣の「耳」が関連のキーワードであがっていたので、どんなスポーツをやっていたのか調べてみました。

またこの耳は柔道耳なのかも画像を集めてみました。