政治家

蓮舫はなぜいらない?ネットで炎上!学歴差別発言で高卒をバカにした?

スポンサーリンク

2020年4月29日の参院予算委員会で蓮舫さんが「学校を辞めたら高卒になる」と発言をしネットでは炎上をしています。

新型コロナウイルス感染拡大で生活に苦しむ大学生への支援をめぐる討論での出来事だったのですが、なぜそのような発言をしたのでしょうか。

SNS上では「高卒をバカに」「学歴差別だ」などの批判が出ており、「蓮舫 いらない」と検索キーワードに上がってきています。

今回は発言の真意や内容を調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

蓮舫が学歴差別発言?高卒をバカにした?

蓮舫の問題発言とは?

蓮舫氏の問題の発言は2020年4月29日での参院予算委員会での出来事でした。

蓮舫氏は29日の参院予算委で、中小事業者ら向けの持続化給付金の対象に生活に窮した学生も入れるよう安倍晋三首相に提言した。その中で、「生活も成り立たない。学校を辞めたら高卒になる。就職どうなるか。奨学金を返せない」と対応を迫った。
引用:ヤフーニュース

この発言にSNSでは「高卒をバカに」「学歴差別だ」と批判が出ていました。

蓮舫が朝日新聞の取材で謝罪

蓮舫さんは2020年4月30日の午後にツイッターに謝罪の投稿をしていました。

その投稿の前に朝日新聞の取材でも謝罪をしていました。

蓮舫氏は投稿前の30日午前、朝日新聞の取材に「勉強して、頑張って、奨学金も借りて大学に入って、学費、生活を払えなくて、下手したら自己破産だ」と述べ、「大学をやめた場合、次の人生設計を高卒というスタートでどうやってやっていけるのか。人生設計そのものを変えないといけなくなるという意味で聞いた」と説明。「高卒を馬鹿にしている」との批判については「全く違う」と否定していた。
引用:ヤフーニュース

奨学金を借り勉強を頑張ってせっかく大学に入ったのに、収入がなければ破産をしてしまうので、なんとかしたいという考えからだったようです。

学生に対する保護を訴えたい気持ちからの発言と話しています。

スポンサーリンク

「蓮舫 いらない」SNSでは炎上!

蓮舫さんは「高卒を馬鹿にしている」との批判については「全く違う」と否定をしていますがSNSでは炎上をしています。

国会議員の発言ではないと思っている人は大勢います。

蓮舫さんの言葉は一般人が話すのと重みが違うので、言葉は慎重に選んで欲しいですね。

まとめ

2020年4月29日の参院予算委員会で蓮舫さんが「学校を辞めたら高卒になる」と発言をしネットでは炎上をしていました。

SNS上では「高卒をバカに」「学歴差別だ」などの批判が出ており、「蓮舫 いらない」と検索キーワードに上がっていました。

今回はなぜそのような発言をしたのか調べてみました。

悪気があった訳ではないようですが、適切な言葉ではなかったのかと思います。