お役立ち

iPhoneの勝手に顔認証のやり方は?ワイドナショーで松本人志が顔認証(Face ID)を解除!

スポンサーリンク

2020年5月24日のワイドナショーで松本人志さんがマスク着用時にiPhoneの顔認証を解除させる方法を紹介しました。

番組では勝手に顔認証と名付けられていました。

今回はその方法を記載していきたいと思います。

スポンサーリンク

iPhoneの顔認証とは?

iPhoneに搭載されている顔認証機能とはその名の通り、顔を登録することによってロックを解除する事ができます。

顔認証は指紋認証のようにロックの解除や認証のために手袋を外す必要もありません。

また、寝ている間に第三者に指を使われてロックを解除される心配もありません。

顔認証はマスクをしていると認証できない!

マスクをしていると顔認証の解除ができないようです。

アップルはiOSを13.5にアップデートをしましたが、顔認証の解除ができない場合、パスコードを使用できるようになっただけで、顔認証が可能になった訳ではありません。

ワイドナショーで松本人志が披露!勝手に顔認証のやり方

①現在のFace ID 顔認証をリセット

現在の顔認証を1度リセットをします。

②Face ID 顔認証をマスクをしたまま登録

改めてiPhoneで顔認証を登録する際に、マスクをしたまま登録をします。

※ここで重要なのがマスクを鼻の頭のギリギリのところまで下げて登録をする必要があります。

③最後にマスクをしていない顔を登録

最後にマスクをしていない顔を登録すれば完了です。

設定ができる確率は5人に1人のようです。

しかしこれは試す価値があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

設定できるの?ネットの反応は?


松本式の顔認証の設定はできる人とできない人が出ているようです。

まとめ

ワイドナショーで松本人志さんがマスク着用時にiPhoneの顔認証を解除させる「勝手に顔認証」を紹介しました。

できる人とできない人がいるみたいですが、挑戦する価値はありますね。

今回はその方法を記載してみました。